マドリッドの見どころ

プエルタ・デル・ソル

プエルタ・デル・ソル

様々な交通機関が交差しあう、マドリッドを象徴する場所です。プエルタ・デル・ソルには、アントニオ・ナバロ・サンタフェの熊とヤマモモの像があり、マドリッドの紋章にもなっています。

この場所は、1950年から、スペインのゼロ地点にも指定されています。

デスカルサス・レアレス修道院

国王カルロス1世とポルトガル女王イサベルが住み、1535年に娘のフアナが生まれた宮殿です。

内部にはルーベンスの下絵によるタペストリーがあります。

所在地 : デスカルサス広場

開館時間: 火曜~土曜 10時~14時まで、16時~18時30分まで。日曜・祝日 10時~15時まで。

シベレス広場の噴水

シベレス広場の噴水

シベレス広場の噴水は、サッカークラブのレアル・マドリッドのサポーターたちが、リーグ優勝、チャンピオンズリーグ等の優勝を噴水に入って祝うため、国際的に有名になりました。

ベントゥラ・ロドリゲスによってデザインされたモニュメントは、1782年に完成しました。女神と女神の乗る車はフランシスコ・グティエレス、ライオンの像はロベルト・ミチェルにより彫られています。

アルカラ門

アルカラ門

アナ・ベレンとビクトル・マヌエルがその名の通り「アルカラの門」という歌を歌ったように、このモニュメントは重要なものです。

フランシスコ・サバティーニによって国王カルロス3世の時代に築かれ、1778年に完成したアルカラ門は、それ以来世界へ向けてのマドリッドの本物のアイコン、国旗、軍旗として機能してきました。